男性とは違う女性の育毛

最近は女性の中にも薄毛に悩む人が増えています。
そのような女性の中には髪の毛に良いだろうと旦那さんの使っている育毛剤を一緒に使っているという人も多いのですが、これは効果的とはいえません。
そもそも男性と女性では薄毛の原因が異なることがほとんどです。
男性の場合は男性ホルモンが原因であるAGAが圧倒的に多いですが、女性の場合は頭皮環境の悪化や栄養不足が原因のびまん性脱毛症がよく見られます。
男性の使っている育毛剤はAGA対策用で男性ホルモンの活性を抑えることが目的となっていますので、AGA以外のタイプの薄毛の人が使っても硬貨は期待できないのです。
びまん性脱毛症はAGAのように額が禿げ上がったり頭頂部がハゲてしまうのでなく、髪の毛一本一本が細くなってボリュームがなくなるのが特徴です。
このような症状が見られた際にはAGAとは別のアプローチでの育毛が必要になります。
たとえば、女性ホルモンは女性の薄毛対策には有効な成分です。
髪の毛は女性ホルモンによってコントロールされているので、女性ホルモンとよく似た働きを持つイソフラボンなどは有効です。
また、パーマやカラーリングなどでおしゃれしている女性が多いですが、こういったことも頭皮を傷める可能性があるのでできるだけ避けるようにしましょう。

このページの先頭へ