用途に合わせて使う暗号化ソフトの説明

暗号化ソフトとはPC内のハードディスクやCD-ROMなどに入っているデータを第三者に分らないようにするもののことを言います。
PC使用者が決めたパスワードを入力しないと暗号化されたものを元に戻すことができないように作られているため、個人のプライバシーを守ることができます。
必要性としてメールに個人情報など添付する際や共有しているPCの場合、ネット上で第三者に覗き見られたり、書き換えられたりする可能性があり、PCやデータを入れているUSBやノートPC自体をなくした場合も、個人情報がもれてしまう恐れがあるため必要なのです。
暗号化ソフトの種類としては、メールに添付したりUSBに入れて持ち出す時に、必要なデータだけを暗号化してくれるものや、フロッピーディスクやCD-ROMといったところに保存されているデータをまとめて暗号化するものがあり、 暗号化することで膨大なファイルを整理するのにも使われています。
それから、ハードディスクに入っているデータをそれごと暗号化するものがあります。
無料のものから有料のものまであり、使用用途によってだけでなく対応しているOSがあったり暗号化するためにかかる時間など、それぞれ特徴が異なるので用途に合わせて使う必要があります。

このページの先頭へ