将来を考えて行いたい自分の卵子でできる不妊治療

近年、晩婚化や高齢出産が増加傾向にありますが、高齢出産は出産時のリスクを伴うだけでなく、なかなか妊娠しにくいという不妊の問題に悩まされることが少なくありません。
女性は20代で出産適齢期を迎え、この間の卵子は元気で受精しやすい特徴を持ちます。
ですが、30歳を過ぎると徐々に卵子の老化がはじまり、高齢出産と言われる時期の35歳以降は老化スピードが増し、38歳以降はさらに老化するスピードが加速してしまいます。
そのため、30代以降に初めての妊娠をするにあたっては不妊に悩まされ、大変な不妊治療を夫婦で行うケースが増えてきます。
ご自身の人生のプランを考えた際に晩婚や高齢出産の可能性があるなら、なるべく早い段階で卵子凍結をしておくことで、将来の不妊治療の回避やご夫婦の負担軽減が図れる期待が持てます。
卵子凍結は老化が進行していない卵子を基本に、なるべく元気な段階で凍結しておくのがベストです。
結婚や出産はまだ考えられない段階でも、出産適齢期に卵子凍結ができれば、将来、年齢を重ねて結婚をした際に妊娠できるかどうか分からないといった大変な不妊治療を経ず、比較的スムーズな治療で妊娠できる可能性がもたらされます。
詳しくはこちら

このページの先頭へ