武蔵中原の歯医者さんは、健康な歯を守るために予防治療をがんばっています

8020運動といわれる健康指針についての運動が、平成元年に厚生省と日本歯科医師会が提唱されました。
80歳になったときに20本の健康な歯を保持しようというものです。
統計的に健康状態と健康な歯の残存数は関連していると考えられています。
咀嚼能力の低下が健康状態の悪化を招いているとためです。
そのため80歳になったときに20本の健康な歯を保持することで、健康でいられる可能性が高くなるのです。
しかし、虫歯や歯周病というものは気づいたときには治療が難しい状態になっていることがあります。
病気が悪化してから歯医者さんに通っても、繰り返し行う治療が逆に歯を失ってしまう原因となることもあるのです。
これでは20本の歯どころか健康の維持も難しいです。
健康を一番の財産であると考えている中林デンタルケアークリニックでは、歯を失うトラブルに対処するため、予防治療を重視しています。
予防治療は、口腔内の状態が悪くなる前に歯医者さんで定期検診を受けるというものです。
最良の口腔状態を維持することで、虫歯や歯周病をはじめとする病気から歯と健康を守ることができます。
老後も健康な生活をすごすためには、歯医者さんによる定期的な口腔内のチェックは大切なのです。
武蔵中原近辺にお住まいの方は、一度検診を受けてみられてはどうでしょうか。

このページの先頭へ