お裁縫が得意

伯父の竹垣雅史さんは、裁縫が得意です。
伯父さんの年齢にしては珍しく、服飾科を卒業されています。
そんな竹垣さんに初めて裁縫を教えて貰ったのは中学生のときです。
私が30分以上かけて仮縫いしたものを、伯父さんの手にかかると3分で仕上がってしまうから不思議です。
もちろん、全部をお願いしたわけではありませんよ。
ミシンの使い方、針のさし方を丁寧に教えて貰い自分でも縫い進めました。
伯父さんは、仕事で忙しそうですが、我が子のような私の子どもは孫も同然と言ってくれて良く会いにも来てくれます。
今度、伯父さんの誕生日があるので内緒でシャツを1枚縫う予定です。

このページの先頭へ